いまや東京名物のひとつに数えられる〈京粕漬 魚久〉の粕漬。
初代が京都で料理の修業を積み、開業した地が東京の下町。昭和のはじめに会席に供した粕漬は、味にうるさい名士たちの評判を得て名物となりました。全国の蔵元から取り寄せて調合した特製酒粕が、魚介の旨みを上品に引き出します。

⇛詳細はこちら